HKT48でルックスの評価が高いのはどのメンバーでしょうか?ランキング形式でご紹介します。

HKT48でルックス評価が高いのは?

 

HKT48と言えば、姉妹グループの中でもSKE48、NMB48の次にできた妹の方のグループであり、若いメンバーが多いイメージがあります。

 

実際、10代の中でもさらに下の方の12歳のメンバーもちらほらいて、かなり平均年齢は低いと思います。しかし、以前若いフレッシュな…という評価を浴びていた一期生や二期生のメンバーはだんだんと年齢が上がってきて、大人っぽいメンバーも増えてきました。

 

そんなメンバーの増加に伴って、ルックスでも勝負できるグループに変化してきています。もちろん若いからルックスが悪いというわけではないのですが、幼さが勝つ部分があります。それが、15歳を超えたあたりからやはり大人っぽさが出てきて、以前に増してルックス評価が高くなるといったことが多いです。

 

そこで、今回はルックスランキングをご紹介したいと思います。人によって好みが分かれるのでその辺は私の独断と偏見でということでご了承ください。

HKT48 ルックスランキング

第5位 矢吹奈子

この子は、加入当時は本当に幼かったです。3期生として加入した当初から、同じく三期生で同年齢の田中美久さんと「なこみく」として注目されてきました。

 

HKT48の「ウインクは3回」という楽曲ではセンターを務めており、選抜にも早い段階で選ばれるなど恵まれている部分も多かったですが、同時に苦労もたくさんしてきたはずです。

 

加入の理由は指原莉乃さんに、「可愛いから、絶対AKB48はいれるよ!」と握手会で言われたことだったらしく、指原さんの大ファンだった彼女はHKT48に移籍した指原さんを追ってHKT48を受験し、関東圏からわざわざ引っ越しまでして、HKT48に入りました。

 

最近は、どんどんお姉さんらしくなってきて可愛さも残しつつ頼もしくもなってきました。間違いなく次のHKT48を担う存在の1人です。

 

スポンサードリンク

第4位 朝長美桜

HKT48二期生として、加入して、2nd,3rdと二つのシングルで同期の田島芽瑠さんと共にセンターを務めました。

 

当初は、ショートカットを「キノコ」といじられていましたが、今ではショートの見せ方がつかめてきたのかいじられるようなことは少なく、むしろAKB48グループの中で一時期多かったショートへのヘアチェンジ流行の火付け役にもなったと言えます。

 

今は、AKB48との兼任に加えて、AKB48グループのドラマ「マジすか学園」の最新作「キャバすか学園」でキャバ嬢を演じるなど活動の幅を広げています。

 

今年の総選挙では、選抜まであともう少しという順位まで順位を上げてきています。トークがあまり得意ではなく、滑舌もよいとは言えないのですが、いつもニコニコしているイメージがあって、最近では笑わないときも増えてきましたが、その顔もクールで大人っぽさも感じさせる顔になってきました。

第3位 兒玉遥

HKT48の一期生として、HKT48の顔としてセンターとして長い間リードしてきた頑張り屋さんのメンバーです。それ以前は劇場公演でも、挨拶でもいつも先頭に立ってきたのに、記念すべき1st、2nd、3rdのシングルではセンターを務めることが出来ず悩んだ時もありました。

 

しかし、4thシングル「控えめI love you!」で初めてシングル表題曲のセンターを務めたときの表情は、今まで見たことがないくらい生き生きしており、そのための準備期間だったのかなと思わせるほどでした。

 

当初から、大人になるにつれて大きく顔が変化しました。あまりの変化に「整形モンスター」と揶揄されたこともありましたが、大人への変化の中でいろいろな出会いがあってよりきれいな兒玉さんに変化していったのだと私は思っています。

第2位 指原莉乃

最近では、テレビで見ない日はない総選挙初連覇を成し遂げた絶対的女王です。HKT48の劇場支配人も兼務しており、ライブのセットリストの決定や、選抜メンバーの決定も少し関与しているようです。

 

AKB48のセンターとしての認識や、スキャンダルのイメージも強い指原さんですが、HKT48のマイナーなメンバーをゴールデンに近い番組で紹介したり、HKT48の曲を自身が出演するCMに使用したり、メンバーのトーク力向上のために指導を入れたりといったことを自身の活動に結びつけて行い、HKT48を大きく成長させた立役者です。

 

ルックスもAKB48いたぐらいの頃は、かなりブスだという風にいじられていましたが、最近は自慢の美脚も生かしながら名誉挽回し、むしろ「意外ときれい」という評判を得るようになりました。

 

彼女もだんだん卒業に近づいてきているメンバーだと言えます。彼女の卒業はHKT48にとっても、AKB48グループ全体にとってもおおきな転換点となり得ることは間違いないです。少なくともあと1,2年は頑張ってほしいです(笑)。

 

スポンサードリンク

第1位 宮脇咲良

鹿児島県出身であり、HKT48の1期生として頑張ってきたうちの1人です。当初は、兒玉遥さんとは異なり、後ろの列の端っこの目立たないところにいたイメージが強かったですが、Google+での精力的な投稿や、文才で一躍話題になり、総選挙では初めて出馬した年から毎年必ずランクインしており、しかも最新の総選挙では「神セブン」と言われる領域まできました。

 

加入当初は、かなり幼かったのですが、今は先述のAKB48のドラマ「マジすか学園」の前作では、主役を務めガンアクションも披露するなどかっこいい一面も多く見せるようになりました。

 

握手会対応も、他の選抜や選抜次点のメンバー同様メディア対応や出演に日々疲れている中でも笑顔やファンへの感謝を忘れず疲れを見せない彼女の精神はさすがだと感じます。

 

今後のAKB48グループならびにHKT48グループに欠かせない存在です。

ランキングの総括

とにかく、HKT48のメンバーは加入当初から成長期を経て見違えるように大人っぽくなったメンバーが多くそういった意味では、他の姉妹グループに比べて変化に富んだグループであると言えます。

 

しかも、だんだん大人メンバーが増加してきたころに幼いメンバーを新加入メンバーとして選び若さを補充することで、フレッシュさやメンバー内の競争状態を保っているのもHKT48の魅力だと思います。

 

変化するHKT48からは目が離せません!

 

スポンサードリンク