2024年5月30日

2023/2024シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(UCL)が開幕した。この待望のイベントは、グループステージ第3節を終えた。この名誉あるイベントには長い歴史がある。以下にまとめたチャンピオンズリーグの歴史をご覧ください。

UCLの歴史

UCL、通称チャンピオンズリーグは1955年に創設された。年に1度開催されるこの大会には、ヨーロッパ中の名門クラブが参加する。以前はヨーロッパカップと呼ばれ、優勝チームがヨーロッパカップのチャンピオンだった。しかし、1992年に名称とシステムが現在のUCLに改称された。

名称が変更される以前は、16クラブによるストレート・ノックアウト方式だった。また、国内リーグで優勝したクラブしか出場できなかった。

その後、より多くのチームがUCLに出場するようになったため、リーグのフォーマットは変更された。現在は最大32クラブが参加し、予選ラウンド1回、予選ラウンド3回、プレーオフラウンド1回が行われる。

2023年シーズンまでの記録では、スペインのクラブがチャンピオンズリーグで最も多くの勝利を収めており、レアル・マドリードがチャンピオンズリーグ最多優勝クラブという記録を保持している。イングランドとイタリアは常に準優勝と3位に位置している。2023年現在、ロス・ブランコスはチャンピオンズリーグで14のタイトルを獲得している。

UCLの仕組み

現行の方式では、チャンピオンズリーグに出場するクラブは加盟協会のUEFA係数に基づいて選ばれる。係数が高ければ高いほど、少ない予選ラウンドでより多くのチームがチャンピオンズリーグに出場できる。

係数の値は、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの過去5シーズンの各協会を代表するクラブの成績に基づいている。

前回優勝チーム、国内リーグ優勝チーム、UEFA加盟各協会の上位リーグ上位3チームがグループステージに直接出場できる。一方、下位リーグの他のチームは予選ラウンドを通過し、プレーオフラウンドに進まなければならない。

プレーオフを勝ち抜いた10チームがグループステージに進み、予選ラウンドを経ずに直接出場権を獲得した22チームと合流する。

32クラブは4チームずつ8つのグループに分かれてグループステージを戦う。各グループの優勝チームと準優勝チームがラウンド16に進む。

ラウンド16では、前回のグループステージの勝者と準優勝者が2つのグループに分かれる。かつて同じグループだった者同士、同じ国内リーグ出身者同士の対戦は禁止されている。ラウンド16の各組は2レグで対戦し、最多得点を挙げたチームが準々決勝に進出する。

残ったクラブは、準々決勝から準決勝まで、まとめて引き分けで優勝を争うことができる。

UCLの新しいフォーマット

2024/2025シーズンからUCLの新しいフォーマットが適用される。グループステージに参加するクラブの数は4つ増える。この36クラブは、ホームとアウェイで半々ずつ、計8試合を戦う。

36クラブは抽選のために異なるポットに分かれる。最初のポットには、現在のチャンピオンズリーグ優勝クラブと、それ以上の係数を持つ8クラブが入る。国内リーグのチャンピオンとUELのタイトルホルダーは、第1ポットには優先されなくなる。一方、ポット2から4はクラブ係数に基づく。

上位8クラブが直接ラウンド16に進出する一方、下位クラブはプレーオフステージに出場し、ラウンド16の残り8枠を獲得する必要がある。

現行リーグのプレビュー

昨年6月から、第69回チャンピオンズリーグが開催されている。32クラブが優勝を争うこのリーグは、現在グループステージの予選段階にある。

前回優勝のマンチェスター・シティは、グループステージ序盤から目覚ましい活躍を見せている。レッドスター・ベオグラードに3-1で勝利して開幕を飾ったマンチェスター・シティは、続く試合でもその強さを発揮。先週木曜日にはBSCヤングボーイズを破り、3勝目を挙げた。

マンチェスター・シティと同じように、優勝を争う他のビッグネームも目覚ましい活躍を見せている。

現在、グループAのバイエルン・ミュンヘンがチャンピオンズリーグのランキングでスカイブルースと首位を分け合っている。両チームとも3連勝で勝ち点9を積み上げている。FCバルセロナやレアル・マドリードといった他のビッグネームも同じく勝ち点9を獲得し、各グループの首位に立っている。

一方、2007/2008シーズンのチャンピオンズリーグ優勝チームは、厳しい現実を受け入れなければならない。マンチェスター・ユナイテッドは、コペンハーゲン戦で1-0という僅差で勝利した以外、勝利を手にしていない。

スポーツの進化とともに、サッカーベッティングの人気も高まっている。世界中の多くの人々が、金銭的な利益のため、あるいは単に興奮を高めるために、サッカーを含むスポーツベッティングに取り組んでいる。2022年現在、世界のサッカーベッティングの市場規模は12兆5700億円と評価されている。サッカーでは、リーグ優勝者や得点王、あるいは特定の試合の勝者など、より具体的な局面を予想するために賭けを行うことが多い。サッカーベッティングに使われる賭け金は、お金から暗号通貨のような現代的な資産までさまざまです。

現在、チャンピオンズリーグ賭けは様々なベッティングサイトで話題となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です