デビュー当時から常に進化し続けるV6。ベテランアイドルながら、「一番踊っているジャニーズ」とも言われています。

料理や番組MC、役者など多方面に活躍中のV6ですが、もちろん本来のアイドルとしての姿がとても素敵です!

今回は、そんなV6のシングル売り上げ枚数をORICON STYLEのランキングをもとに5曲ご紹介します!

V6シングル売上枚数ランキング

第5位 over

5位は、森田さん、三宅さん、岡田さんのユニットであるComing Century(通称:カミセン)が初主演を務めたドラマ「PU-PU-PU-」の主題歌である「over」です!

 

カミセン主演のドラマの主題歌ですが、作詞をしたのは20th Century(通称:トニセン)ということで、グループの関係性の良さが伺えます。

 

カップリング曲である「EASY SHOW TIME」は、「学校へ行こう!」のテーマソングにも起用され、番組内でシングルを予約した方へのポスタープレゼントの話もされていました!

 

スポンサードリンク

第4位 MADE IN JAPAN

 

4位は、セカンドシングルである「MADE IN JAPAN」です!

 

リリース年である1996年の春高バレーのイメージソングとしても起用されています。

 

カップリング曲は、カミセンが作詞をした「大丈夫」。

 

元気になれる歌詞なので、落ち込んだ時に聴くことをオススメします!

 

森田さんが出演されたスペシャルドラマ「シャドウ商会変奇郎」の主題歌でもありました。

第3位 WAになっておどろう/WHAT’S COOL?

 

3位は、1997年にリリースされた「WAになっておどろう」です!

 

NHK教育テレビ「みんなのうた」で放送されたことで人気に火が付いた曲です。

 

元々は、AGHARTA(アガルタ)という日本のバンドの曲で、それをV6がカバーをしたものになります。

 

教育テレビで放映されていた曲ということもあり、子供でも分かりやすい歌詞とメロディーでとても親しみやすいですね。

 

カップリング曲は、三宅さんが作詞をされた「WHAT’S COOL?」収録されているのでそちらも是非聴いてみてください!

第2位 MUSIC THE PEOPLE

 

2位は、V6のデビューシングルである「MUSIC FOR THE PEOPLE」です!

 

ご存知の通り、「バレーボールワールドカップ(1995年)」のイメージソングでした。

 

今や当たり前のように、バレーボールのイメージソングは若手ジャニーズグループが歌っていますが、V6が初めてだったとか。

 

そして、作詞を手掛けたのが秋元康さんというのも有名ですね!

 

カップリング曲である「Theme of Coming Century」は、長野さん主演のドラマ「ハンサムマン」の主題歌にもなっていました。

 

スポンサードリンク

第1位 愛なんだ

 

第1位に輝いたのは、1997年にリリースされた「愛なんだ」です!

 

玉置浩二さんが作曲をしたことでも知られています。

 

メンバーの井ノ原さんが玉置さんとドラマで共演した際、玉置さんが「曲を書かせてくれ」と直接オファーをしたことがきっかけで作曲が決まったそうです!

 

そしてカップリング曲の「LOOKIN’ FOR MY DREAM」は、三宅さんが出演していたドラマ「名探偵保健室のオバさん」の挿入歌として起用されていました!

ランキングの総括

 

今回、このランキングを作るにあたり、改めてV6の曲を聴き返しました。

 

するとV6の曲はユニゾンがとても多いのだと分かりました。

 

改めて聴くと、そのユニゾンが綺麗で6人の声が1つの声に聴こえるのです!

 

年齢差があるグループだからこその大変さもあったと思いますが、今はとてもいい関係性なのだろうなと思います。

 

そんなV6も昨年でデビュー20周年!これからもっと魅力が増してゆく”大人のアイドル”に要注目です!

 

スポンサードリンク