HKT48の楽曲の中で、人気が高いのはどの曲なのでしょうか?レコチョクの人気曲ランキングをもとに、HKT48楽曲神7を発表します。

HKT48で人気が高い曲は?

HKT48と言えば、指原莉乃さんの“左遷先”という印象を持っている方がいらっしゃったら、大間違いです。

 

今や、AKB48のセンター指原莉乃、AKB48グループ期待の次期センター主力の宮脇咲良、AKB48で選抜入りかつ博多の絶対的エース兒玉遥ともはや姉妹グループの域を超越するのではないかというほどの勢いを見せているのが現在のHKT48です。

 

そんな、AKB48グループで最も勢いのある姉妹グループもデビューから多くの楽曲を発表してきました。その中で、人気のある楽曲はどんな楽曲なのでしょうか?

 

レコチョクの人気曲ランキングをもとに、HKT48楽曲神7を発表したいと思います。それでは、ランキング発表に移ります。

HKT48 人気曲ランキング

第7位 君のことが好きやけん

この曲は、AKB48の「君のことが好きだから」の博多弁バージョンをなんとHKT48が自らの持ち曲としてCDに収録したという異色の一曲です。HKT48は、初期の頃持ち曲が少なく、せっかくライブをやっても、先輩であるAKB48やSKE48らの曲を披露するしかない状況がありました。

 

そんなときに、神曲とAKB48グループでよばれていながら、あまりライブで目立たない曲を再びHKT48の持ち曲としてアレンジして披露するという妙案で他の先輩グループに劣らぬライブを行いました。

 

現在もそれらの曲はライブで登場しますが、その中でも特に印象的な一曲と言えます。

第6位 スキ!スキ!スキップ!

1stシングル表題曲で、センターは田島芽瑠さんが務めています。発売当時は、今までHKT48の顔として頑張ってきた、一期生の児玉遥さんを差し置いて二期生の田島さんがセンターを務めたということに衝撃が走りました。

 

また、現在まで踊ってきた曲の中でデビュー曲ながら難しくそこも見どころになっています。「スキ」と「スキップ」をかけたタイトルも興味を引くこの曲は、HKT48の原点であり、今でもライブでは必ず歌われる思い出深い曲です。

 

スポンサードリンク

第5位 大人列車

AKB48のシングルのカップリングとして収録されたこの曲は、自身のシングル曲ではないのにもかかわらず、別れや悲しみの中で葛藤しつつも大人への列車に乗り成長していくというテーマを切なさよりも未来への希望を感じさせるような速いテンポで歌あげている名曲です。

 

特に最近歌っているのを聞くと、メンバー自身も20歳をこえるメンバーも出始めて大人になるための準備を始めたような段階での本曲という背景があり、本当に彼女たち自身がこの曲のように感じる部分もある中で歌っているので、曲に自然と説得性がついてきているようにも感じます。

第4位 74億分の1の君へ

世界74億人いる中でたった一人のあなたに出会うことが出来たというタイトルが素敵な曲です。また、「世界一のプロポーズ」や「最後の恋人」など結婚をテーマに様々な輝くワードがちりばめられています。

 

富士山麓で撮影されたというMVも野外ライブで本曲を歌いながらその最中に壇上で何組かのカップルのプロポーズ大作戦が繰り広げられるといった今までにない幸せいっぱいなMVとなっています。

第3位 12秒

12秒というタイトルがそもそも興味をひきます。この時間は、キスの時間の事です。少し長いかもしれませんが、好きな相手とならもしかしたらこんな時間も一瞬であり、宝石のように大切な時間かもしれません。

 

そして、それが初めてのキスだったらなおさらです。そのようなテーマで展開していくこの曲は、どんどん魅力に引き込まれていき、何度も聞きたくなってしまいます。

 

そんな“知りたくて追いかけたくなる”恋の様子やこの曲の魅力にマッチした不思議の国のアリスをテーマにしたMVも同時に魅力を引き立てています。

第2位 メロンジュース

「あなたにあげたいメロンジュース!」と元気いっぱいに始まるこの曲は、HKT48を代表する2ndシングルです。ライブでは、本編が終わって、アンコールがかかった最後にペンライトで緑一色の会場でタオルを振り回しながら歌うのが定番になっています。紅白初出場時にも披露した知名度も比較的高い曲になると思います。

 

センターは1stに続いて田島芽瑠さん、そしてダブルセンターの形をとったため、もう一人に同じく二期生の朝長美桜さんが選ばれました。二人が先頭でメンバー全員がヘッドバンキングをする振り付けは、前髪命なアイドルらしからぬ激しさで妥協はありません(笑)。

 

スポンサードリンク

第1位 最高かよ

最新シングルが、やはり最も人気の曲となりました。センターは、冠番組「HKT48のおでかけ!」内でMCを務めるフットボールアワーの後藤お兄さんもお気に入りの「はなちゃん」こと松岡はなさんが務めています。

 

曲自体は、アイドルのライブでファンが行うMIXがテーマになっており、これまた新しい境地を切り開いた曲だと感じます。また、最近若者の間ではやっている「最高かよ」という言葉がタイトルになっていることも興味をひきます。

 

MVも街中でMIXにちなんだ場所を尋ねたり、近くにいた人たちにMIXの文句を一緒に言ってもらったりという斬新なもので面白いです。

ランキングの総括

今回のランキングを作成していて、HKT48の楽曲には、若さを前面に出した元気な曲やかっこいい曲、卒業や結婚といった節目をテーマにした王道ソングといった様々な曲がバランスよく彼女たちの成長に合わせて存在しているということを感じました。

 

心も体もアイドルとしても成長する年代の女の子たちが等身大の思いをのせて歌うことにもHKT48の楽曲の魅力があるのかもしれません。そんな部分にも着目しながらランクインした楽曲たちを聞いてみるのはいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク