度々のメンバー脱退で、現在4人で活躍しているNEWS。2003年にデビューをしてから、13年の月日が経ちました。沢山の壁を乗り越えたからこそ、今も第一線で活躍できているのだと思います。今回はそんなNEWSの歴史を振り返るような気持ちで、シングル売り上げ枚数をランキング形式で紹介します!ORICON STYLEのランキングをもとに5曲紹介します!

NEWS シングルCD売上枚数ランキング

第5位 太陽のナミダ

5位は、元メンバーの山下さん主演の映画「映画 クロサギ」の主題歌となった「太陽のナミダ」です!

 

ラテン調で異国情緒感溢れる、とても素敵な曲になっています!

 

MVもどちらかというと暗めの廃墟風のセットで撮られていて、雨に打たれているシーンも。

 

いつもの笑顔いっぱいキラキラアイドル感はあまりなく、格好いいNEWSが見られるMVになっています。

 

スポンサードリンク

第4位 星をめざして

4位は、2007年発売の「星をめざして」です!

 

2006年の活動休止を経て、満を持しての活動再開!

 

その再始動を記念して発売されたのがこちらのシングルです。

 

メンバーである手越さんが、日本語吹き替えの声優を務めた映画「ハッピーフィート」の主題歌としても起用されました。

 

なかにし礼さんが作詞をされたことでも有名な楽曲です。

第3位 チャンカパーナ

3位は、4人体制になって初めてのシングルである「チャンカパーナ」です!

 

初回スペシャルBOX、初回盤N、初回盤E、初回盤W 、初回盤S、通常盤の6形態で発売されたシングルで、初回盤N~Sには4人それぞれのソロ曲が収録されています!

 

カップリング曲である「フルスイング」は、4人で再出発するという強い決意が込められています。

 

メンバーにとっても、ファンにとっても、大切なシングルとなっています。

第2位 weeeek

2位は、GReeeeNが作詞作曲を手掛けた「weeeek」です!

 

アルバム「pacific」と同時発売されたシングルながら、上位に入っています!

 

一週間を歌った曲で、社会人応援ソングの定番となっています。

 

メンバーがスーツ姿で歌うMVもとても印象的ですね。

 

ノリの良さと歌いやすさで、カラオケでも人気曲となっています。

 

2012年には、楽曲を手掛けたGReeeeNもアルバム内でセルフカバーしています。

 

スポンサードリンク

第1位 希望~Yell~

第1位に輝いたのは、グループのメジャーデビューシングルである「希望~Yell~」です!

 

デビューシングル「NEWSニッポン」はインディーズ扱いとなるため、この曲が正式なメジャーデビューとなります。

 

「アテネオリンピックバレーボール世界最終予選」のイメージ・ソングとしても有名です。

 

王道アイドル路線のキラキラソングで、とてもグループのイメージに合っていますね!

 

デビューにふさわしい華やかな曲になっています。

 

カップリング曲である「Stand Up!」は春高バレーのイメージソングにも起用され、コンサートでもよく歌われていた曲です。

ランキングの総括

こうしてランキングを見ると、NEWSの節目を象徴するシングルが沢山ランクインしていますね。

 

時にはバラード、時には王道アイドル、時にはRapと、これだけ様々な曲調を歌いこなせるのがNEWSの強みだと思います!

 

そして、ファンとの絆が強いグループだと改めて思いました。

 

4人での活動も板についてきたこの頃です。注目するなら今!

 

この記事を読んで、NEWSをチェックしてみようと思った方がいれば幸いです。

 

スポンサードリンク