HKT48のシングルの中で、最も総売り上げ枚数が多いのはどの曲でしょうか?オリコンシングルCD売り上げランキングをもとにランキングを発表していきます。

HKT48で最も売れているCDは?

 

福岡博多を拠点に活動するHKT48は姉妹グループの中でもかなり人気の高いグループです。

 

AKB48選抜総選挙第1位指原莉乃さんを擁し、そしてAKB48のシングルでダブルセンターも含めて二度のセンター経験を持つ宮脇咲良さん、そしてHKT48の絶対的エースにしてAKB48の選抜メンバーの児玉遥さんを擁するグループの成長はまさに飛ぶ鳥を落とす勢いです。

 

そんな彼女たちはこれまでに出したシングルすべてで週間ランキング初週1位を持続中であり、次回作も記録更新なるかが一つの注目点となっています。

 

そこで、今回は注目されやすい初週ランキングではなく、総売り上げランキングに着目し、本当に人気が高かったシングルはどれなのかをオリコンシングル売り上げランキングをもとに発表していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

HKT48 シングルCD 売り上げ枚数ランキング

第3位 桜、みんなで食べた

(3rdシングル  2014年3月12日発売)

 

hk1

 

この曲は、発売日を見ても分かるように卒業に伴う別れをテーマにした切ない曲です。プロモーション期間が始まり、曲のタイトルが発表された時にはなぜ桜を食べるのかと普通ではしないであろう行動のタイトルが一部で話題となりました。

 

センターは、田島芽瑠さん、朝長美桜さんの二人が務めました。この曲で私が着目したのはやはり「なぜ桜を食べるのかということ」でした。

 

桜の花びらを一枚キャッチして食べるというのは、桜の花びらが少ししょっぱいイメージがあることから、流れてきた一粒の涙が口まで流れ降りてきて、口に入った時のあのしょっぱさを表しているのではと思いました。

 

それを表すように最後は「涙テイスト」という言葉でこの曲は終わります。ぜひこのような部分に注目して、春先別れの季節を思い出しながら聞いてみてはいかがでしょうか?

第2位 12秒

(5thシングル 2015年4月22日発売)

 

hk2

 

この曲は、兒玉遥さんが4th「控えめI love you!」に引き続きセンターを務めた曲です。この曲で注目すべきはMVと12秒の意味です。

 

MVについては、不思議の国のアリスがモチーフになっており、アリス役や女王様役、カードの兵隊さんなどをメンバーつとめています。とてもこの曲のイメージあっており、メンバーが様々な役に扮する姿もかわいらしくて、個人的にお気に入りなMVのうちの一つです。

 

そして、気になるのがタイトル「12秒」の意味ですが、これは歌詞を見ればなんとなく見えてきますが、キスの時間の事を表しています。少し長めのキスといえるかもしれませんが、キスともなれば12秒もすぐすぎてしまうし、一瞬のように感じられるといった意味も込められているのかもしれません。

 

その二つの注目点がこの作品の良さを表しているともいえると思います。ぜひ、初めてのチューではなくてキス(笑)を思い出しながら甘酸っぱい青春の日々を思い出してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク

第1位 しぇからしか!

(6thシングル 2015年11月25日発売)

 

hk3

 

この曲は、AKB48グループが多数出演するヤンキードラマ「マジすか学園」シリーズのスピンオフドラマとして作成された「マジすか学園0 木更津乱闘編」の主題歌シングルとなっています。

 

木更津、ヤンキーと言えば…そう気志團ですよね!気志團とのコラボ作品となっています。そして、またもやタイトルが気になります。「しぇからしか!」ってどういう意味でしょうか?

 

「しぇからしか!」とはHKT48のおひざもと福岡のあたりで用いられている方言で「うるさい、黙っておけ!」といった意味があるそうです。ヤンキードラマの主題歌ということもあって、少し荒っぽい言葉のタイトルのようにも感じられます。

 

ただ、そのようの意味だけでなく、このタイトルには、泣く子も黙る勢いのある曲になっているのだという意思の表れのようにも感じます。こんな、いまのHKT48の快進撃っぷりを表したような曲が一位ということで、これからの活躍も期待が高まります!

ランキングの総括

調べていてアイドルの曲なのに、とてもかわいい曲よりもヤンキーっぽい曲が1位であることに驚きました。

 

ただ、普段見せないような彼女たちのカッコよさを感じることが出来るという点で人気が高いのかもしれないとも思いました。

 

これからも様々な側面を見せてさらに進化を遂げていってほしいですね!

 

スポンサードリンク