嵐の中で歌が上手いのは誰なのでしょうか。ランキングにまとめてみました。

嵐の歌の実力は?

 

国民的アイドルグループとして大人気の嵐。人気が衰える兆しもありません。

 

嵐といえば「仲がいい」ことで有名ですね。

 

しかし、そんな嵐の歌の実力はどうなんでしょうか?

 

嵐は今までにたくさんの曲を世に出しています。

 

音楽番組等に出演する時は時々厳しい意見を聞くこともあります。

 

ですが、踊りながら歌うのはとても難しいことですよね。

 

それをこなしてしまうのは本当にすごいことだと思います!

 

では、純粋な歌の上手さでは、嵐のメンバーでは誰が1番歌が上手いのでしょうか?

 

ということで、嵐のメンバーの歌唱力ランキングを作成しました。

嵐歌うまいランキング

5位 相葉雅紀

相葉くんは鼻にかかった声が特徴です。

 

そのためか、音域が少々狭いような印象を受けます。

 

ソロ曲もアップテンポなテンション高めの曲が多く、聴かせる、という感じではありません。

 

しかし、その優しい歌声は心にじんわりと暖かさが広がる気がします。

 

それも相葉くんの人柄のなせる業かもしれませんね。

 

スポンサードリンク

4位 松本潤

甘い歌声が特徴ですが、少し音程が不安な部分があるようです。

 

ソロ曲の系統が毎回似ているような印象があります。

 

自分の得意な歌い方のできるものを選んでいるのかもしれませんね。

 

ですが、曲の中では難しい低音ハモりを担当することが多いです。

 

また、キメのセリフの担当も多く、嵐の曲には欠かせないものになっています。

3位 櫻井翔

地声が低いので、歌声も低く、重いのが特徴です。

 

でも、バラードや可愛らしい曲だととことん甘くなるのも魅力です。

 

櫻井くんと言えば、何と言っても「サクラップ」ですね。

 

実は2002年のアルバムに収録された『Theme of ARASHI』以来、嵐の曲の全てのラップ詞の作詞を手がけているんです!

 

『Dayright』では松潤に「ラップを入れたい」と直々に頼まれました。

 

その作詞のために、出演しないのにもかかわらずドラマの台本も読み込んだそうですよ。

2位 二宮和也

基本的に高めの歌声で、表現力がズバ抜けています。

 

心に響くような歌詞は、二宮くんの歌に乗るとつい涙がこぼれてしまいます…。

 

また、自らのソロ曲だけでなく、嵐の作詞作曲も手がけます。

 

それだけでなく、ギター、ピアノ、ドラムなどの楽器の演奏も得意です。

 

なんでもないような顔でこなしてしまうのはさすがの一言ですね。

 

スポンサードリンク

1位 大野智

大野くんが1位というのは納得する方が多いと思います!

 

ジャニーズ事務所でも上位を争う歌唱力の持ち主です。

 

嵐の曲の中でも重要なパートを任され、楽曲を彩ってくれます。

 

ドラマのキャラクターとしてもシングルを出しており、実力が高く評価されていることが伺えますね。

ランキングの総括

いかがでしたか?嵐は多様な楽曲を歌い分けることのできると定評があります。

 

また、五人の息がぴったりで、歌だけでなくダンスも揃っています。

 

ライブパフォーマンスは歌、ダンス、五人の仲の良さが前面に出ています。

 

今や嵐のコンサートチケットを手に入れるのは至難の技です。

 

それでもぜひ1度はライブに足を運んでみてほしいと思います。

 

スポンサードリンク