AKB48グループ応援歴7年の私が考える歴代含めての神7を紹介します!今まで知らなかったあなたもこの記事を読めば話題に乗れるはずです。

AKB48歴代メンバー人気ランキング

第7位 宮脇咲良

HKT48の1期生であり、チームAの兼任メンバーです。今や、握手会では女王指原よりも早く券が完売することもある彼女は、AKBの新時代を象徴する1人です。

 

「希望的リフレイン」では渡辺麻友とダブルセンターを務めました。そして、10周年記念ソングの「君はメロディー」では、名だたる先輩方を従えセンターに大抜擢さました。

 

総選挙では、神7入りを果たすなどその勢いはとまるところを知りません。まだまだ、TVでのトークの部分での不安定さは残りますが、めきめき上達しています。

 

また、幼い頃には劇団四季のライオンキングに出演するなど、女優としてのスキルも高い彼女は間違いなく今のAKBには欠かせない存在です。

第6位 島崎遥香

 

ぱるるは、最初はポンコツなイメージが強く、番組でもそのようなキャラで取り上げられて居ました。しかし、いつからか、握手会で素っ気ない対応をするということが話題になりました。

 

それを表した「塩対応」という言葉が有名になるころには、やる気がないのではないかと囁かれたこともありました。しかし、やる気がなくてあれだけの歌や踊りを覚えてステージに上がることはあるでしょうか?センターを受けることはあるでしょうか?

 

彼女なりの信念があっての行動だったと思っています。体調を崩すことも多いのは事実ですが、若い女性からの支持を集めており、女優業も好評です。一部で、卒業の可能性ありと囁かれていますが、本当ならば、AKBには痛いところです。

第5位 渡辺麻友

 

AKB3期生のまゆゆは、最初はTHEアイドルといった容姿、声で王道アイドルのイメージでした。しかし、先輩たちの卒業などを経てだんだん本当のはっちゃけた姿が出てきて面白いです。

 

それと共に、私が引っ張るんだという覚悟をもってAKBの仕事やドラマの仕事に臨んでいるようにも感じます。ただ、去年、握手会で会った時には、かなり疲れていました…。

 

彼女の好きなアニメやキャラクターの仕事を増やしたり、仕事を減らしたりしてあげて欲しいです。

 

スポンサードリンク

第4位 高橋みなみ

 

みなさんご存知、AKBの前総監督です。彼女は、1期生で48グループをまとめるリーダーとして創立時からみんなを支え続けてきました。「努力は必ず報われる!」と言い続け、リーダーとして、1メンバーとして両面での努力を重ねました。

 

メンバーと秋元康プロデューサーの間に入り、メンバーの代表として謝り、褒められ褒めて、そして時には怒り…とグループの為に本当に尽くしてくれました。

 

秋元先生をして、「AKB48とは、高橋みなみのことである」と言わしめた彼女は、本当に努力の人です。

第3位 大島優子

 

AKB48の二期生です。彼女は、とても元気が良く明るいのが印象的でした。しかも、自分だけが楽しむのではなく、みんなで楽しもうというスタンスが強く感じ取れました。何をやらせても出来るいわゆる優等生タイプでした。

 

バラエティーもこなすし、カッコイイ曲もある、切ない曲もいけるとにかくすごい人という印象です。また、体育会系なチームKのパフォーマンスを作り上げ、ダンスのチームKを作り上げました。

 

選抜総選挙でも、最初から一位か二位しかとったことがない名実共に優等生でした。

第2位 前田敦子

 

AKB48不動のセンター。センターと言ったらこの人です。AKB48の1期生として入ってから卒業するまで、AKB48を一躍有名にした立役者です。

 

ずっとセンターの重責を背負いながら、アンチのファンから心無い言葉を受け止めながらずっと一番先頭に立ち続けてグループを支えてくれました。

 

その気持ちを表した「私のことは嫌いでも、AKBのことは嫌いにならないでください」という言葉。ネタになり有名になった節はありますが当時の彼女の本心を表した言葉です。

 

スポンサードリンク

第1位 指原 莉乃

 

今や目にしない日はほとんどないと言っても過言ではないです。どの番組をみても、自分の出るところ引くところが求められているものとマッチしているように感じます。

 

だからこそ、テレビを見ていても安定感があり、親しみやすく一般的な認知度も高いです。また、諸事情により移籍した先のHKT48の支配人として、HKT48のプロモーションから、ライブのセットリストを決めています。

 

ドキュメンタリー映画の監督もつとめるなどグループへの貢献度がとても高く、そのようなこともあり毎年恒例の選抜総選挙では、前田、大島が成せなかった二連覇を達成しています。

 

文句なし!不動の一位でしょう。ただ、長い目で見るとこの人を越える人材が出てこなければグループとしては厳しいかもしれないです。

ランキングの総括

 

いかがでしたでしょうか?現在活躍しているメンバー中心にはなってしまいましたが、この神7を知っていればなんとなく話題に入ることは出来るはずです!

 

卒業生も含んではいますが、是非、今後の彼女たちの女優、アイドルとしての活躍に注目してみて下さい!

 

スポンサードリンク