2024年3月4日

ご存知のように、カジノが日常業務を営むには、合法的な許可を得なければならない。違法行為がないことを確認するためである。しかし、地下カジノや裏カジノは現在でも営業している。このようなカジノは世界中どこにでも存在し、日本の大都市にもある。

裏カジノとは、現地の賭博法に従わないカジノのこと。ギャンブル規制に従わないため、人目を避けて目立たないように運営されている。ライブディーラーも合法カジノと同じように働いている。

一見すると、裏カジノは一般的な合法カジノと同じように見えます。バカラ、ブラックジャック、ルーレットなどのテーブルゲームがある。しかし、裏カジノには営業許可がない。

裏カジノについてもう一つ知っておかなければならないのは、裏カジノを運営している人たちである。日本では、ヤクザなどの犯罪集団や反社会的勢力が裏カジノを運営している。裏カジノが彼らの活動拠点となり、資金洗浄の場となることも多い。

そのため、日本の警察は常に裏カジノの摘発と営業停止を図っている。警察はディーラーを逮捕するだけでなく、そこでプレーする人々も逮捕する。この情報からも、裏カジノがいかに違法で危険なものかは明らかだ。

裏カジノの特徴

裏カジノは違法だが、日本全国どこにでもある。通常、裏カジノは東京の新宿区、池袋、渋谷などで見かけることが多い。裏カジノは、大阪、名古屋、仙台、福岡など日本の他の都市にもある。

日本以外では、アメリカ、カナダ、イギリスなどの先進国にも裏カジノは存在する。ギャンブル産業が盛んな限り、厳しい規制があっても裏カジノは存在する。

裏カジノは警察の摘発を避けるため、目立たない場所で営業している。日本では、雑居ビルが裏カジノの立地として人気がある。このような場所には、目印や信号がない。しかも、裏カジノは通常、1~2カ月ごとに移転する。

裏カジノのプレイヤー層は、意外にも20代から60代。しかし、裏カジノで遊ぶことができるのは、コネクションがあるか、何をすればいいかを知っている人だけだ。裏カジノは、警察に居場所を悟られないようにするためだ。

裏カジノのプレイヤーは、高収入で人脈が豊富な人たちだ。裏カジノは秘密主義なので、一般人を誘うことができない。そこで裏カジノが頼りにしているのが、高収入のセレブやホステスたちである。

どうしても裏カジノに入りたい場合は、身分証明書や電話番号の提示を求められる。裏カジノは、私たちが変装した警察官かどうかを見破るために、このようなことをするのだ。さらに、裏カジノは監視カメラで私たちの動きを監視している。このような危険なカジノでプレイするのは気が引ける。

裏カジノのリスク

裏カジノにはいくつかのリスクがある。第一のリスクは、裏カジノで遊んでいるときに警察に逮捕されることだ。日本では、裏カジノで逮捕された場合、50万円を支払わなければならない。さらに悪いことに、ギャンブル依存症の場合、3年以下の懲役になることもある。

裏カジノでプレーするもう一つのリスクは、詐欺や詐称である。これらの人々は、裏カジノを利用して、人々をギャンブルに駆り立てるのが一般的です。彼らは、プレイヤーがお金を使い果たすまでギャンブルを続けさせるために、意図的にゲームを不正に操作することさえあります。

最後に、データの盗難も裏カジノでプレイするリスクです。IDプロフィールと電話番号を裏カジノに提出した後、彼らは私たちのデータを悪用することができる。犯罪グループは、あなたのデータをダークウェブに売り、犯罪に利用することができる。

裏カジノでプレイするリスクから、私たちは合法的なカジノでのみプレイしなければならない。合法的なカジノでプレイすれば、当局とのやり取りを恐れる必要はありません。この記事を読んで、裏カジノでプレイすることのリスクとその回避方法を理解していただければ幸いです。